定期検定試験

年2回実施(5月・11月)

受験資格

特にありません

試験問題形式・実施形態

  • 筆記および実技
  • 3次元CAD科目の試験においては、原則として受験者が会場にパソコン(ソフトウェア含む)を持ち込むこととする
  • 現在、3次元CAD科目の試験に対応可能なソフトは、以下のとおりです(他は対応を検討中)
    • SolidWorks
    • CATIA V5
    • Autodesk Inventor
    • Caelum XXen

試験方法

  • 筆記試験
    ※ ○×式、選択式、記述式(計算問題を含む)により、科目によって異なる)
  • 実技試験(3次元CAD)
    ※ 3次元CADを受験の方には1週間前に事前問題をお送りします。(地域によっては差が出ることもございます。)
    当日までに、指示に従って作成したデータを用いて当日、データ持参して頂いて試験を行う。

試験科目

  • 3次元CAD
    部品、アセンブリ、図面 など
  • JIS製図法
    製図関連用語、線の種類、投影法、投影図、断面図、寸法記入法 など
  • 公差設計
    品質とバラツキ、寸法公差、幾何公差、公差の計算方法 など
  • 機械材料
    金属、プラスチック、セラミック など
  • 強度設計
    荷重の種類、力の単位、応力とひずみ、不静定問題、曲げ、ねじり問題 など
  • 信頼性設計
    機械の寿命、故障のパターン、信頼性の確保、信頼性の入手 など
  • 要素設計
    ねじの用途と種類、歯車の用途と種類、歯車の強度、軸受の用途と種類 など
  • 加工法
    機械加工法、板金加工法、レーザー加工、曲げ加工、加工図面 など

試験時間割

全ての科目において、開始2分前に試験実施についての説明を行ないますので、着席してお待ちください。

  •  9:00~10:30(90分間): 3次元CAD
  • 10:40~11:25(45分間): JIS製図法
  • 11:30~12:15(45分間): 公差設計
  • 13:00~13:45(45分間): 機械材料
  • 13:50~14:35(45分間): 強度設計
  • 14:40~15:25(45分間): 信頼性設計
  • 15:30~16:15(45分間): 要素設計
  • 16:20~17:05(45分間): 加工法

検定結果について

各科目の「得点表」と、レーダーチャートによる「総合評価」を報告します。(スコア証明書)

コース別成績証明等

合格証はコース全科目が合格レベルに達したときに発行されます

コース 3次元CAD 図面作成 プロ設計者
合格レベル 60%以上
優秀レベル 80%以上
スコア一覧
合格証
レーダーチャート ×
優秀賞賞状 × ×
優秀賞表彰式 × ×

3次元CADコース

合格レベルは90点、優秀レベルは120点以上です。

科目名 自分の得点/最高点 合格・優秀
3次元CAD 120 / 150 優秀

図面作成コース

合格レベルは全ての科目が最高点の60%以上、合格者のうち200点以上は優秀レベルです。(下記は不合格の例です)

科目名 自分の得点/最高点 合格・優秀
3次元CAD 120 / 150 優秀
JIS製図法 20 / 50
公差設計 35 / 50 合格
合計 175/ 250

プロ設計者コース

合格レベルは全ての科目が最高点の60%以上、合格者のうち400点以上は優秀レベルです。(下記は不合格の例です)

科目名 自分の得点/最高点 合格・優秀
3次元CAD 120 / 150 優秀
機械設計7つ道具 JIS製図法 35 / 50 合格
公差設計 20 / 50
機械材料 30 / 50
強度設計 35 / 50 合格
信頼性設計 20 / 50
要素設計 30 / 50
加工法 35 / 50 合格
合計 325 / 500

規定

各科目の得点に関しましては、有効期間内(※)で最も高い点数が表示されます。
※有効期間は1年間とします。
例)第5回受験の場合は、第3回、第4回、第5回の得点のうち、最も高い点数となります。

合格証の発行

各コースで全科目が最高点の60%以上であれば合格レベルとし、合格証を発行します。

表彰制度(プロ設計者コースのみ)

優秀賞:合格者のうち、合計得点400点以上の方
※優秀賞の方には表彰状が送られます。
※但し、本表彰制度は1人1回のみです。